うっきーのコーナーです。


by ukkey24
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

イチローが戻ってきた!

松坂と対戦した後
打率が1割台に落ち込んでいたイチロー。

しかし復調しつつある。

悪いときに比べ背中が伸びた。
今までは待球姿勢から右足を上げるまで猫背になっていた。
しかしそれを修正することでボールの見え方が良くなったのだろう。

先週打率も3割を突破した。

これから本当のイチローを
見ることができるようになるだろう。
[PR]
by ukkey24 | 2007-04-23 19:48 | スポーツ
この打席、結果的には松坂がピッチャーゴロに抑えたものの
紙一重であったように見える。

まず第1球。
外からのカーブが少し中に入ったものの見逃し。
解説者が何か言うのはいいんだけど、
アナウンサーや司会者(とくにみの)が初球カーブは意外ですね~
って言うのはどうかなって思う。

俺は変化球から入って不思議じゃないと思ったけどね。

2球目、
ファールを打たせにいってしっかりファウルを打たせた。
ここは松坂の勝ち。

3球目、
内角へのスライダー、ボール。
ボールにしてあわよくば振ってもらおうっていう球。
イチローがスイングにいってたからストライクからボールになっているのだろうが
イチローのバットは止まる。
ここはイチロー踏ん張る。

4球目、
インハイストレート、ボール。
初めてのまっすぐ。ボールでいい球だろう。
次の球への布石。

5球目、
インコースカットボール、ボール。
4球目からいってアウトコースがセオリーだろう。
欲をいえば初球のように外からスライダー、カーブをまわしてっていうのはあるが、
裏をかきインコース。
4球目の軌道からわずかに曲げたボールを見逃したってことで
イチローの勝ち。

6球目、
ストレートをピッチャーゴロ。
松坂のコントロールミスでアウトコースが真ん中低めに
イチローはいい打ち方をしたと思う。
そして松坂はあのピッチャー返しを良く取ったと思う。
取っていなければセンターまで抜けているだろう。

紙一重、そして充実した対決であった。
[PR]
by ukkey24 | 2007-04-12 22:33 | スポーツ
ってな具合にかっこつけたタイトルですが、
目標を作ることは自分にとってとても励みになるということ。
それも自分が限界だなって思うちょっとだけ先に作る目標は
より自分を高める要素となる。

その目標をクリアすることによって
今までの限界が限界でなくなり
自分に新たな可能性が生まれる。

どういうことかわかるかい?

シーズン130個盗塁を決めると言いながら
まだ今年1個も盗塁を決めてないどっかの球団の
リードオフマンよ。

無謀な目標はいかんってことだ。
おととしの盗塁数41を超える50あたりに設定してみてはどうだろうか。
[PR]
by ukkey24 | 2007-04-07 21:57 | スポーツ
外野手にとってセカンドランナーをホームで刺すことは
究極のプレーであり、最大の見せ場である。

だからこそ冷静な判断を。

今回のセンバツ甲子園ではこういう状況で
外野手のノーバウンド返球が目立った。

確かに見せ場だけれどノーバウンド返球は
良くないことばかり。

まずノーバウンド返球はえてして山なりになりやすい。
カットの選手の頭上を越えてしまう。
返球が少しずれてもカットに入った選手が触れられないので大きなずれとなる。
また、カットできないと判断しやすいためバッターランナーが
セカンドに進塁しやすくなる。
など。

イチロークラスに低くノーバウンドで返せるんなら
話は別だよ。

なるべく地面と平行に投げましょう。
[PR]
by ukkey24 | 2007-04-04 00:02 | スポーツ
アメリカのとあるところに
大人の2人に1人は肥満であるっていうくらいの
街がある。

ここに住んでいた先住民は
長く狩猟採集の民族であったらしい。

つまり何か獲物をとってこれないと
食べることができないということだ。

長くそういった環境が続いた結果
食物を摂ったときに体の中で有効に
栄養分を吸収しようとする体が
できてしまったらしい。

そして現代、飽食の時代。
他の民族と同じような食物の取り方をしても
他の民族以上に吸収してしまい肥満傾向にいたるらしい。

ってことは一日一食、二食とかいった
そういったことをし続けていると
もしかしたら体内でエネルギーの異常吸収が
目覚めてしまうかもしれない。

ご飯は規則正しく三食食べましょうってことだ。

でもこれはあくまでも持論ですので。
[PR]
by ukkey24 | 2007-04-02 10:42 | 一般